育児

2008年9月16日 (火)

初めて・・・♪

昨日は久しぶりに家族で外食してきました。

まぁ外食って言っても・・・「廻る寿司」ですが

うちはみんなお寿司大好きなんですが、翔ちゃんだけはナマモノが食べられないんです。

なので、お寿司と言っても、いつもハンバーグとかウインナーとか、ちっともお寿司っぽくないやつばっかりに・・・

ところが昨日はどういう心境の変化か、「サーモン食べてみるぅだってあれ鮭でしょ」って。

それまで一切口にしようとしなかったナマモノにチャレンジしようとしてるし~ヽ(´▽`)/

そして初めて食したサーモンを翔ちゃんは・・・

「オイシイ

と言ってパクパク食べてくれました~~~(v^ー゜)ヤッタネ!!

「オレ、また食べれるもの増えたね♪」って喜んでサーモンは結果3貫食べてました。

ちょっとずつだけど、こうやって食べられるものが増えて行ってくれると嬉しいな

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

うちはたーくんは野球部に入ってるんですが、なんと翔ちゃんも野球部に入部することになりました~

来月からグラウンド練習に参加します。

昨日はグローブ買ってきました。
080916_100301

まだまだお手手が小さい翔ちゃんに合うグローブがあるのか心配したけど見つけました

がんばって練習して兄弟でレギュラー目指してほしいわ~o(*^▽^*)o

| | コメント (5)

2008年4月 2日 (水)

♪ハッピーバースデイ♪

今日はたーくんの10回目のお誕生日です(^ー^)

家族の誕生日って何度迎えても嬉しいものですね。しかも、子供達のお誕生日は、歳を重ねるごとに嬉しさもひとしおに感じます。今年もまたみんなでお祝い出来る喜び

毎年思うことだけど、ここまで大きな病気や怪我もなく育ってくれたことは本当に嬉しい

昨日はパパもお休みをとって、たーくんの観たがっていた「ケロロ軍曹」の映画を観に行って、お昼はたーくんの大好きなステーキを食べに行きました食後にはみんなでチョコレートアイスも食べて大満足のランチでした
080401_121701 080401_121601 080401_121702


10歳になったたーくんにママからメッセージを送るよ

『たーくん10歳のお誕生日おめでとう年齢も二桁になってますます生意気さ加減に磨きがかかってきたね(笑)

言う事もやる事も一丁前になって、あの臆病だったたーくんもお兄ちゃんになったもんだな~なんて感心&時々イラッとさせられる毎日

3年生になってクラスが変わってから、ちょっとずつ変化を見せるようになったよね。

まず野球部に入って体を動かす機会が増えた。それに伴って体力もついてきて丈夫になったのはもちろんのこと、足も速くなって、1年から受け持ってくれてる担任の先生も驚いていたんだよ~。

そういえば・・・部活を始める以前は、歩くのがキライで、少し歩いただけで「疲れた~車乗りた~い」なんて弱音吐いてたのに(笑)ずいぶんたくましくなったね

環境の変化に伴って、積極的な部分も出てきて、たくさんの人の前でもモジモジせずにちゃんと話せるようになったことも、ママは嬉しく思っているよ。

相変わらず翔ちゃんとはケンカ三昧の日々で、ママを怒らせるのもしょっちゅうだけど、本当は弟想いの優しい子なんだよな~。

でも、たーくんの方が年上だから、何かっていうとたーくんにガミガミ言っちゃうんだけど、きっと嫌な気分だろうね・・・。私も長女だから上の子のそういう気持ちわかるのに、本当にごめんね。

怒る時は平等に・・・を心掛けてるつもりなんだけどね。・・・つもりじゃダメだよね。気をつけます

こんなダメなママでも、たーくんはまだ甘えてきてくれることもあるから嬉しいよ。

これからどんどんむずかしい年頃になってくるだろうけど、甘えたい時はいつでも甘えてきて欲しいな。たーくんがもっと大きくなってもずっと仲良し親子でいたいわ。

将来、野球選手になってパパとママにお小遣いをあげるねって、泣かせることも言ってくれるし~ぃ

最後に、たーくんお誕生日おめでとう!!夢に向かってガンバレ~ママはいつもあなたを見守り応援しているよ

毎年誕生日が来るたびに思うんだけど、ママが切迫流産&切迫早産になってもちゃんとこの世に生まれてきてくれた、たーくんの生命力の強さに感謝してます。

たくさんの人の中からパパとママを選んで生まれてきてくれてありがとう!

甘えん坊なたーくん、生意気でママを怒らせるたーくん、翔ちゃん想いの優しいたーくん、どんなときも愛してるよ

| | コメント (7)

2008年3月14日 (金)

ヤッタネ!

おととい翔ちゃんが学校から賞状を持って帰って来ました。

なんの賞状かというと、『第48回新潟県児童生徒絵画・版画コンクール』の版画部門で【銀賞】を頂いたのですv(^▽^)v
080312_185301


その時に提出したのが↓コチラ
080314_113601


今まで「佳作」は取ったことあったけど、賞と呼べるようなものは初めてだったので嬉しかったし、驚いちゃいました。(もちろん佳作も素晴らしいと思っていますよ~)

| | コメント (6)

2008年1月22日 (火)

授業参観で聞いた感動のお話

月曜日は小学校の参観日でした。月曜は毎週パパがお休みなのでパパと一緒に行ってきました。

この日の授業は偶然たーくんも翔ちゃんも同じ「道徳」の授業でした。最初は翔ちゃんのクラスへ。

授業は、かけっこで仲間はずれにされた子はどんな気持ちだったかを考えるような内容で、自分ならどう思うかっていうのを、翔ちゃんが手を挙げて発言してくれる機会を伺っていましたが、残念ながら見る事は出来ませんでした。

そうこうしてるうちに時間が経ち、今度はたーくんの教室へ。

この、たーくんの授業で聞いたお話が感動だったのです。

どんな内容かというと・・・

これは東京ディズニーランドで実際にあった出来事なのだそうです。

園内のあるレストランに若い夫婦がやってきて、女性キャストは2人用の席に案内し注文を取りました。2人はそれぞれが食べる料理以外にもう1品「お子様ランチ」を注文しました。

けれど、きまりでは「お子様ランチは9歳未満の子供にしか出せない」となっているのでキャストは丁重にお断りしたそうです。するとその夫婦がとても悲しそうな顔をしたので、キャストはマニュアルから一歩踏み出てお客様に、そのお子様ランチは誰が食べるのかを聞いてみました。

するとお客様は「今日は昨年亡くなった娘の誕生日なんです。私の体が弱かったせいで、娘は最初の誕生日を迎える事も出来ませんでした。おなかの中にいる時には主人と三人で、ここのお子様ランチを食べに行こうねって約束していたのに、それも果たせませんでした。それで、今日は娘にお子様ランチを頼んであげたくて参りました。」と・・・。

その話を聞いたキャストはその夫婦を2人掛けのテーブルから4人掛けのテーブルに案内しました。さらに、「お子様はこちらに」と夫婦の間に子供用のイスを用意しました。ほどなくしてテーブルにはお子様ランチが運ばれて来ました。

後日この若夫婦から感謝の手紙が届きました。

そこにはこう書かれていました。

「お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。まるで娘が生きているように、家族の団らんを味わいました。こんな体験をさせて頂くとは、夢にも思っていませんでした。もう、涙を拭いて生きて行きます。また来年も再来年も、娘を連れてディズニーランドに行きます。そしてきっと、妹か弟を連れて行きます。」

これは有名なお話だそうなので・・・(私は知らなかったんですが^^;)授業を聞きながらウルッときてしまいました。

この、お子様ランチを出した女性キャストは、9歳未満の子供にしか出せないというきまりを破ってしまいましたが、彼女は叱られませんでした。むしろ素晴らしい行動だと上司からほめられ、広報や掲示板でも紹介されました。

なぜならそれは、このキャストの行動がディズニーランドのテーマに沿っていたからなんだそうです。テーマとは「夢と魔法の王国」つまり、その行動はお客様に夢と幸せを与えたと。

みなさんはこの話知ってました?

接客ってやっぱ心が大事なんでしょうね~。接客する態度が無愛想だったら、「あんな店もう二度と行くもんか!」って思うけど、親切にされたり笑顔で接してくれたら、「また来よう!」ってなりますもんね。

道徳の授業で思わぬ感動をもらったのでした(*^-^*)

| | コメント (12)

2008年1月10日 (木)

あけましておめでとう&ハッピーバースデイ

1月ももう半ばという頃ですが、「あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いしますm(_)m」

・・・と2008年も幕を開けましたが、去年となんら変化のない生活を送っている次第であります(苦笑)

コンビニはお正月といっても年中無休の24時間営業なので、新年早々から仕事してましたしね(A^ー^;)

いや~正月三が日は店もほんとヒマでヒマで・・・。あんまりヒマでいつもより余計に疲れちゃった位でしたよ(笑)ちょっと位忙しい方がいいですね。

あ、変化といえばひとつありましたょ・・・

それは白髪が前より増えたコト(号泣)

以前は前髪のこめかみ辺りの髪をかき分けるとチラホラって感じだったのが、今はかきあげなくても顔を出してきやがって(笑)

気になるから染めたいな~って思ってパパに言うと、「別にいいじゃん、それなりの歳なんだからあってもおかしくないろ~。」・・・って。

いやいや、そういう問題じゃないのよ。仮にも接客業をやってるわけだし、白髪なんて人の目に付くし、やっぱ恥ずかしいじゃん。

50~60歳位なら諦めも付くけど、まだ30代だしそういうの気になるんよね~。男の人にはそういう女心ってわからないんかな~ぁ?それともうちのパパだけがわかってない???

ま、当分はこのまま何もしないで白髪の様子を見てみるとします^^;これから減ってく事はないけど、増えなきゃそれでいいか(Т▽Т)

*******************************************

今日は翔ちゃんの7回目のお誕生日です!

また今年も家族みんなでお祝い出来る事を心から嬉しく思います。

7歳になった翔ちゃんにママからメッセージを送るね。

『翔ちゃん7歳のお誕生日おめでとう!あなたが生まれてからもう丸6年も経ったんだね。色んな事があったけど、ママにとってはあっという間の6年でした。

翔ちゃんは生まれた時はたーくんより体重が重かったのに、成長はゆっくりでなかなか身長が伸びなくて、幼稚園でも小学校でもクラスではいつも一番前なんだよね。

足のサイズも同い年の子や年下の子にも負けちゃう位小さくて・・・でもね、ママはそんな小さい翔ちゃんが可愛くてたまらないんだよ。時々見せる赤ちゃんみたいな表情に胸がキュンってなるんだよ。

そのくせ口は達者でたまに私が驚くような大人びた事を言ってみたりして、そのギャップがまたたまらないんだよ~。

そういえば翔ちゃんになぐさめてもらった事もあったね~。私が落ち込んでて、意味なんかわからないだろうけど、翔ちゃんにバーって話したら、「ママがいいと思えばそれでいいよ^^」って笑顔で言ってくれて、すごく嬉しかったのを覚えているよ。

小学生になったら身体も丈夫になったね。今よりもっと小さい頃はしょっちゅう喘息の発作が出てたし、夏になって汗をかくと身体中湿疹が出来てそれを掻いちゃうからタダレて血を出してたりしたけど、今は肌も強くなったし、喘息の発作も季節の変わり目だけになったもんね。

それと、給食の時に出る牛乳もまるで飲めなかったのが、一瓶全部飲み干せた事が2~3回あったね。これには担任の先生もビックリして、ママもビックリして・・・でも嬉しい驚きだったよ。

冬休み中には鉄棒の前回りもたーくんより早く出来たんだよね。

とにかく書き切れない位翔ちゃんは色んな事がんばってるね!小さい身体からは想像も付かないほどだよ。

だけど、あんまり早くお兄ちゃんにならないで、まだまだママに甘えてきて欲しいな^^いつでも、ギューってしてあげるからね!翔ちゃんをギューってするとママもパワーをもらえるからさ(*^ー^*)

そして最後に、今年も無事にお誕生日を迎える事が出来てよかった。

あなたはパパとママの宝物だから。

これからも健康ですくすくと育って欲しいな。

翔ちゃん、パパとママの元に生まれて来てくれてありがとう!!愛してるよ。 ママより』
080110_065202 今朝パパがメールで送ってくれた翔ちゃんです。

| | コメント (9)

2007年9月11日 (火)

・・・ショック!!

金曜日のことです・・・。

午後2時頃私の携帯に1本の電話が・・・。

普段パパから以外めったに携帯に電話などかかってこないのに、それもこんな時間にって・・・「嫌な予感がする」そう思いながら出てみると、かけてきたのは翔ちゃんの担任の先生でした。

ドキドキしながら何を言われるのか構えていると、翔ちゃんが掃除の時間にドアに指を挟まれてケガをしたとの事でした。

サーッと血の気が引くのを感じながら、私は真っ先に「指はもげてないんでしょうか?」と聞きました。

もし、そんな事になっていたら・・・

気を確かに持つ事は出来なかったでしょう。

先生から「それは大丈夫です」と言われたので、ひとまず安心しました。だけど、かなり強い衝撃があったみたいで、指からは血が出ているし、爪と骨の状態が心配なので医者に連れて行った方がいいと思うから、学校まで迎えに来て下さいとの事でした。

私は車が無いのですぐに実家の父に連絡して一緒に学校まで向かいました。

保健室に行くと翔ちゃんが保健の先生から手当てを受けている所でした。私の姿を見ると泣き止んでいた翔ちゃんの目からまたポロポロと涙が溢れてきました。

その顔を見てたら私まで泣きそうでした(;ー;)

ケガをしたのは右手の中指で利き指でした。

この小さい指が血が出るほど強い勢いで挟まれたんだと思うと、どんなに痛かっただろうってかわいそうでならなかったです。

その場にはケガをさせた5年生の男の子とその子の担任の先生もいました。2人とも申し訳ないことをしたと謝ってくれました。その男の子も反省してる様子だったし、わざとやったわけでもないんだろうから特に責めたりしませんでした。

何より翔ちゃんの指が心配でそれ以外考えられなかったのです。

たーくんも早退させてすぐにみんなで病院へ向かいました。

個人医院はだいたい午後の診察は3時からだったので、近くの大きな病院に行くことにしたんです。(そこは1時半からやっていたので)学校から先生が病院に電話すると、すぐに診てもらえるというので急いで行ったのですが・・・。

受付を済ませて「整形外科」の窓口に行くと、目の化粧の濃い色黒・茶髪の看護婦がいました。

「ん?ここ病院だよね?」って思いたくなるようなその容姿に嫌な感じを抱きつつも、「さっき学校から電話が行ったと思うんですけど、学校で指をケガした○○と申しますが・・・」と言うと、この時点で「ハア~!?」みたいな顔をされて・・・あれ?伝わってないの!?

さらには微笑むというよりニヤニヤしながら私の言うことを聞く態度にカチーン!

その色黒ヤンキー女はもう1人のおばちゃん看護婦に、「ねぇ~なーんか~こういう電話があったんだって知ってる~ぅ?」(ニヤニヤ)「知らな~い」みたいな会話がなされて、「あのー受付通ってもらえます~ぅ?」とか言いやがる!

私はムッとしながら「受付済ませて来ましたけど!」と言い返すと、「あ、そうですか?じゃ、あちらでお待ちくださーい」だって。ま、これですぐ診てもらえるんだろうと思ったので大人しく座って待っていました。

ところが、すぐ診てもらえるどころか一向に呼ばれる気配が無いんです・・・。学校でかけてもらった電話では「すぐ診てもらえる」って話しだったのに・・・。

シビレを切らした私の父は窓口に「まだかね?」と聞きに行くと「はい、まだです」の返事。またしばらく待ちましたがほんと呼ばれないのでまた聞きに行くと、「まだ受付からカルテがきてないんで~」だって。

どういうこと!?

まだカルテ回ってないって・・・

これだから大きい病院ってイヤよ!!

こっちも子供の指が心配なので悠長に待ってなんかいられないので、「もう他のトコ行くんで結構です!」と出てきました。

日頃から評判の悪い病院だとは聞いていたけど、本当に評判通り最悪でした。

もう二度と行くもんかーーーーっ!!0(`へ´)0

すでに3時はとーっくに過ぎていたので、結局近所の整形外科で診察してもらいました。心配してた骨に異常はありませんでした。(よかった~)

でも、爪が剥がれていて根元のとこでやっとつながっている状態だとのことで、治るにはそのまま自然に新しい爪が生えてくるのを待てばいいんですが、爪の根っこの部分が乾いてないから水に濡らしちゃいけないんです。

それに治るまでには時間がかかりそうなので、色々不自由もあります。利き指の方をケガしたので、鉛筆を持つのも、ご飯を食べるのも一苦労です・・・。

ケガをした日の夕方、ケガをさせた子のお母さんから謝罪の電話がありました。泣きそうな感じの声で何度も丁寧に申し訳ありませんでしたと言われたので、こっちが恐縮してしまいました。

ハッキリ言って今回翔ちゃんは全然悪くないし、ほんと運悪く事故に巻き込まれちゃったって感じだったので、本音を言えば文句のひとつも言いたいくらいでしたが、こういうことって今回は被害を受けた立場でしたが、いつ自分の子供も加害者になってしまうかわからない出来事のような気がして・・・。

相手の親の辛い立場もわかるから・・・。何も言えませんでした.。

学校でのことは親にはどうしようもありませんもんね・・・常にそばについてるわけじゃないし、親は何も出来ない・・・

だからこそ、集団生活でのルールや、してはいけないこと等をちゃんと教えていかなくてはいけないと思いました。

子供同士でふざけ合いなんてよくあることだけど、一歩間違えたら大事故につながることもあるわけで、小さくても自分の身は自分で守れるようにしてあげないといけませんね・・・。

翔ちゃんは今は元気です。
070908_11220002


指が不自由なのはしばらく続いちゃうけど、今は日々早くよくなるように願うばかりです。

| | コメント (6)

2007年7月29日 (日)

人間関係ってやつは~(--;

最近、人間関係の難しさわずらわしさをひしひしと感じている私・・・。こんな事書くのもどうかな~とも思ったんですが(うちも悪い部分あるから・・・)でも、ちょっと吐き出してスッキリしたい気持ちもあったのであえて書こうと思います。

昨日、子供たちは毎度のように近くの公園に遊びに行って留守だったので、気持ちよ~く昼寝をしてたトコにプルルルルルと電話のベルが。出るとそれはたーくんと同級生の男の子のお母さんから。(以前、翔ちゃんを仲間外れにしたYちゃんのお母さんでもあります。)

「うちの子が昼間公園から帰って来たら服がビショビショだったんだんだけど、子供に聞いたら、た○○君に唾かけられたって言うんだよね。どうしてそんな事したのか帰って来たら聞いておいてくれる?」(ちなみに声は怒ってました。)

寝ぼけまなこで聞いてた私は何が何だかよく事態飲み込めず・・・でも相手が怒ってるのは伝わって来たので、「うん、聞いてみるね。」と言って電話を切りました。

まだ謝ることはしませんでした。なぜなら話が一方的でたーくんに確認も取っていなかったので、本当にうちの子が悪いのかハッキリしなかったから。悪くもないのに謝ったらたーくんがかわいそうな気がして・・・。

私はいてもたってもいられず真相を聞く為に公園に向かいました。

その時誓った事・・・怒って聞いてはいけない。怒られたら言いたい事も言えなくなる可能性があるから・・・。なので出来るだけ穏やかに聞いてみた。

「たーくんK君に唾かけたの?びしょ濡れになって帰って来たってK君のお母さんから電話かかって来たよ。K君はたーくんにやられたって言ってるんだって。どうしてそんな事するのかたーくんに聞いてって言われたんだけど、ホントの所はどうなの?たーくん唾かけたの?」

すると、たーくんと翔ちゃんが同時に口を開いて説明してくれた内容は・・・

実際かけたのは唾ではなく、唾の混じった水だったらしい。ビービー弾の箱を見付けてそこに水を入れて「唾エキス~」とかいって面白半分に唾も入れてかけたのが発端だったとか。

最初にやったのはたーくんだったみたいだけど、どうしてK君にかけたのか聞いても本人も「わからない」と・・・。ま、遊び半分でやってたんだろうから特に理由もないのかも。

水をかけたのも唾を入れたのもうちの子が悪い。それは謝るべき事だろう。だけど、びしょ濡れになったのはたーくんだけのせいではなかったのです。

K君は自ら自分の身体に笑いながら水をかけてたんだって。(これはK君のお姉ちゃんも認めてました。)そして、たーくんにかけられてる時も笑いながらキャーキャー言ってたらしいから、たーくんにしてみたら喜んでるように見えて、お互い楽しく遊んでるって勘違いしても仕方ないような気も・・・。

まあ、でも理由はどうであれやっぱりうちもいけないので、K君の家に事情を説明がてら謝りに行く事に。

家に着くとお母さんが出て来て・・・やっぱり顔はどこかムッとしている。その顔に一瞬ひるんでしまったが何とか事情を説明する。K君が自分でかけた事もちゃんと言った。そしたらK君は自分でかけた事はお母さんに言ってなかったみたい・・・だから、それは聞いてなかったってバツ悪そうにしてた。

「自分でもかけてたの?あの子バカじゃない!?唾だけであそこまで濡れるかな~って思ってたんだけど。とにかく背中とかびしょ濡れでさ。」とは言ったものの・・・腹の虫がおさまらなかったのか、文句が言い足りなかったのか今度はたーくんに、「でもさ~た○○君も唾はかけないでよ!唾って汚いよねー!もうしないで!」(顔がこえーよ)

ごめんね~とは言ったものの相手は超ムッとしてるし。・・・でもさ、間違ってるかもしれないけど、あえて言わせてもらえばそりゃ唾を水に混ぜたのは完璧うちの子が悪いですよ。でもさ、うちだけが怒られなきゃいけないのかな?こんなのは子供同士が遊んでてなった事じゃない?K君も嫌がってたわけじゃないし、てかむしろ楽しそうにしてたなんて聞くと、別にたーくんはイジメようと思ってした事じゃないんだし、そんな目くじら立てて言う事かな?・・・って思うわけで。

それに聞けばK君だってうちの子にかけてるのに・・・その事は向こうにとってはまるで気にならなかったみたいだわ・・・。

こんな事で怒られなきゃいけないんじゃ翔ちゃんはどうなる?お宅のYちゃんに仲間ハズレにされたんだよっ!

しかも1回や2回の話じゃない。

最初は子供同士の事だからと何回かは目をつぶって見守って来た。でも、ある時泣きながら翔ちゃんが帰って来た時は、さすがに無視出来ないと思って、気まずくなるの覚悟でYちゃんのお母さんに電話した・・・。私は出来るだけやんわり言ったつもりだ。仲間ハズレって言葉も使わなかった。だけど、何か面白くなかったんだと思う・・・。向こうも今回のたーくんの事はその時の事を快く思ってない態度の表れに感じられた。私の思い過ごしと言ってしまえばそれまでだけど、そういう態度って敏感に感じると思いませんか?

K君もなかなかの曲者で、今日も公園で会って遊んだらしいんだけど、その時にたーくんがK君の自転車を借りたのね。もちろんちゃんと「貸して」って言って「いいよ」って言われたから借りたんだけど。

でもね、なんとK君その事をお母さんに「た○○君に自転車貸せって言われて取られた。」みたいに言ったらしい・・・。翔ちゃんが現場を見ていたのです。

その話を聞いて昨日の今日だし、また文句言われたらどうしようかと思ったけど、さすがにそれは言って来なかった。

子供同士に「遊ぶな」と言った所で、公園なんかで会っちゃえば大人と違ってわだかまりなく遊ぶ事が出来るけど・・・大人は・・・

こういう事があると今後の付き合いに支障が出る・・・かも。

何かトラブルがあってもスムーズにお付き合い出来る人と、そう出来ない人とがいると思うんです。このお母さんとは以前のようなお付き合いは出来そうもないかな・・・。

翔ちゃんの事訴えた時も、「一応Yに言っておくね~聞かないと思うけど~。」ってサラッと流されたんです。普通、自分の子供が友達を泣かせたら「そういう事はしちゃいけないんだよ。」ってちゃんと教えなきゃいけないと思うんです。なのに、はなからうちの子聞かないから~みたいに言われたら・・・直させる気無いのかよ~!?って。

親ならしちゃいけない事はしっかり子供に言い聞かせるもんなんじゃないのかな~?って思うんだけど・・・価値観の違いなんでしょうか?

なんだかグチグチ・グチグチ言っちゃってすいません・・・ここまで読んでくれた方ありがとうございました。

| | コメント (10)

2007年7月11日 (水)

言葉の力

またまたお久しぶりの更新です(^^;本当は昨日ブログヤル気満々だったんだけど、ココログフリーはメンテで・・・途端に気が抜けちゃった(笑)

~7月5日~

珍しくたーくんと翔ちゃん二人っきりで公園に遊びに行きました。(いつもは大体お友達が一緒)

「ただいま~ぁ!」元気よく帰って来ると翔ちゃんが、「ママー、オレね~うんてい最後まで出来たっ♪^^」って嬉しそうに報告してくれた。

つい二ヶ月まではぶらさがるのもやっとだったのに・・・。いつのまにか私の見てないトコで成長してるんだ~なんて思ってると、

翔「たいがのおかげなんだ~。」って言うじゃあ~りませんか。

「オレ最後まで行けないと思ったんだけど、たいがが『あきらめるな!』って言ってくれて、それでがんばれたんだよ。」

なーんて微笑ましい話なのっ(≧▽≦)ママは嬉しいよ~♪

あきらめるなって言葉をかけたたーくんと、そのたーくんの言葉で奮起した翔ちゃんに私は感動してしまったのです。

そして、その夜の話ですが、たーくんが「オレが一番大事なのって誰だと思う?」

翔太って言葉を期待してる顔の翔太(笑)昼間のコトもあるし、翔太って言うのかな~?・・・と思っていたら、

「翔太・・・じゃないよ。オレ自分が一番だから。」

ま、冗談ぽく言ってたけど、自分の名前を言ってくれるものと信じてた翔ちゃんにとっては悲しかったんだろうな~。

ありゃ!泣いちゃった(^0^;)

そんなんで泣くなんてカワイイやつ。

たーくんに「ホレッ、翔ちゃんが一番だって言ってなぐさめて!」の私の言葉に恥ずかしがりながらもしょうちゃんに寄り添うたーくん。

なーに、けっこう仲良し兄弟じゃん( ̄▽ ̄)ケンカばっかしててもお互い大好きなんだよね。フフフ♪

| | コメント (4)

2007年6月28日 (木)

気付いてあげられなくて・・・

昨日は小学校でたーくんと翔ちゃんの個人懇談がありました。兄弟がいると日にちや時間を同じ日に調整してくれるので助かります。

翔ちゃんの方は初めてなのでどんな事言われるのかな~?ってドキドキだったけど、特に心配するような事も言われず、当たり障りの無い無難な話を聞いて・・・お友達とも仲良くやっているみたいだったので、先生に「何かお母さんからありますか?」って聞かれた時も「いえ、特に心配してるような事はないので大丈夫です。学校も楽しく行ってるしイヤだって言ってませんから。」と言い無事に終えて次はたーくんの教室へ~。

たーくんの担任の先生とは今年で3年目なので、お互いリラックスムードでお話出来ました。

先生の第一声は「たいがさん変わったね~!」でした。

「それってやっぱり部活の影響?あんまり変わったものだからみんなにも言っちゃった^^みんなにたいがさん変わったと思わない?って聞いたらみんな「変わった」って言ってたよ。」

1~2年の頃はシャイボーイなもんで、授業で手を挙げるのは愚か、発言する時もモジモジして「やる気ある?」ってな感じだったんです。お友達と遊ぶ時は元気なんだけど、いかんせん授業となると非常に消極的になるという・・・。

それが、昨日の先生の話では、今は授業中けっこう手を挙げるんだとか。(超ビックリ!!)好きな算数ではもちろん、苦手な国語でも手を挙げて発言してるみたい。

あと、毎朝「今月の歌」を歌う時間があるんだけど、以前は全然声を出して歌ってなかったのが、今は顔を真っ赤にして大きな声で歌ってるんだとか。

も~それを聞いてるうちに感動してしまって、目頭が熱くなってしまいました。(こうして書いてる今も、昨日の感動を思い出してウルウル)

とにかく変身したたーくんを先生は褒めてくれました。「いい方に変わってくれてよかったね~。」って。

今のクラスに同じ野球部の子が多いのも幸いしてるんだろうけど、元気な子が多くてそういうお友達の影響もあるみたい。

去年のたーくんのクラスは比較的大人しい子が多かったけど、今年はどのクラスも元気いっぱいなんですって。先生がそういう風になるように均等にクラス分けしたらしい(笑)

だから、「クラス替えも必要なんですよ。」ってほんとそうだなって思いました。

先生から「たいがさんは引き出せばまだいろいろいい所を引き出せそう。」って嬉しい言葉も言ってもらえました。

たーくんにとって部活がこんなに自分を変えてくれるものだったなんて、親の私もビックリです。やっぱり強制じゃなく自分でやりたくて始めたもののパワーってスゴイんだなって。これからもどんな変化があるか期待してようかな♪

・・・っとたーくんの事で浮かれてましたが、昨日翔ちゃんの口から衝撃の言葉が・・・。

いつものように友達の所に遊びに行った翔ちゃんが、帰って来るなり「みんなでオレのこといじめる・・・泣」と言い号泣。何があったか聞くと何だか仲間に入れてもらえなかったり、強い口調で文句言われたり・・・

3人か4人くらいで遊んでたらしいんですが・・・。いつもは仲良く遊んでる子にもそんな扱いを受けたみたいでショックだったようです。

それを私に話してるうちに話しの流れで、時々クラスの子にも無視される事あるんだって言うんです・・・。けっこうあるって・・・。

そんな話は初耳で、いつも楽しそうにしてる話しか聞いた事なかったから・・・無視されたりなんて・・・知らなかった・・・。

仲の良い子ではないらしいけど、無視なんてされたらやっぱ良い気持ちしないですよね・・・。

そんな事があったなんてちっとも知らなくて、だから個人懇談の時も「大丈夫です」って脳天気に笑ってた・・・。

でも、翔ちゃんは本当は辛い思いしてる時があったんだよね。なのにそれにちっとも気付いてあげられなくてごめんね。一体子供の何を見てたのか・・・自分が情けない・・・。

そういえば、最初の頃同じコースで帰る違うクラスの男の子に、体が小さい事をからかわれて泣きながら帰って来た事あったね。

私の目には翔ちゃんは小さくてカワイイって映ってたけど、翔ちゃんは自分が小さい事気にしてるんだよね・・・。

「ちっちぇ~」って言葉に傷付いて当然だよね。

どうすれば翔ちゃんの心を癒してあげられるんだろう・・・。

私に出来ることって・・・?

別にイジメまでは行ってないんだと思うけど、我が子が傷付く姿は見たくないですね。

人間関係って大人だけじゃなくて、子供の世界もやっかいなもので・・・どうしてみんな仲良くって出来ないんだろう・・・?

| | コメント (7)

2007年6月27日 (水)

悲しいお知らせ

ブログ辞めます・・・っていうんじゃないですよ。

これ、このセリフ最近たーくんからよく聞く言葉なんです。よくって言ってもここ1ヶ月の間に3回ですが(^^;

1回目の悲しいお知らせは、「靴の底がはげちゃった」(ん?これって悲しいか?笑)

2回目は部活から帰って来て言った「水筒無くしちゃった」(これは悲しい!だって~買って間もなかったし4000円位したから、聞いた時はショックで泣きそうだった~。)

でもね、後日ちゃんと出て来ました♪よかった!お金が飛んで行かなくてほんとによかった!せこい!?(笑)

3回目は昨日。

学校から帰って来たたーくんが玄関で部屋にいる私に向かって・・・

「ママ~悲しいお知らせです」(今度はなんだよ~笑)

どーせ大したコトないんだろと思ってると、部屋に入って来たたーくんを見てビックリ!

なんと鼻の下にデカイ絆創膏を貼ってるじゃないの。

「どーしたのそれ?ケガしたの?もしかしてこれが悲しいお知らせ?」心配して聞くとそうだと言う。

プールの授業が5.6時間目にあったのだそうだが、終わって教室に戻る途中プールの出入り口の所に階段があるらしく、そこで思いがけず滑ったんだとか。

でも、鼻の下をすった程度で済んだからホッとしたわ~。

保健室で手当てしてもらった時に、保健室の先生に「おかしいね~」って言われたんだって。なんでって、普通すりむくなら高くなってる鼻の頭の方じゃない?って。

なのにたーくんは鼻の下に傷作ってるもんだから、どんな転び方したんだか(笑)鼻の頭は傷ひとつ無いし~( ̄▽ ̄;

今後、たーくんから「悲しいお知らせ」は聞きたくないぞ~!!

*****************************************

今日は午後から小学校の個人懇談です。

翔ちゃん、たーくんの順番です。

普段あんまり学校の先生と接する機会が無いから、たった10分間とはいえ緊張するな~(>0<)変な事言われませんよ~に!!

| | コメント (5)

より以前の記事一覧